目の病気

目の病気

白内障

白内障白内障とは眼の中にある水晶体(レンズ)が濁る病気で、瞳が白く濁ってみえるため白内障と言われています。かすむ、まぶしい、二重に見えるなどの症状がでます。白内障の原因の多くは老化現象によるもので70代の方で80%以上にみられます。しかし他の疾患に合併して起こるものもあるので注意が必要です。手術により治療することができ、当院では経験豊富な医師の執刀により近視・遠視の他に乱視や老眼も治療することができます。

詳しくはこちら

緑内障

緑内障緑内障は、視神経に異常が起き、視野の異常、さらには視力が低下する病気です。本邦における緑内障の患者数は約200万人と推定され、非常に多い疾患です。視神経は一度障害を受けると元に戻ることはなく、このため、早期発見・早期治療が重要です。診断には視野検査などが有用で、設備の整った施設への受診が必要です。当院では最新医療機器である3D OCTを導入し正確な診断が可能となっています。

詳しくはこちら

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症糖尿病の合併症の一つで、糖尿病により眼の網膜の血管から出血したり、異常な膜が異常増殖したりすることにより眼の機能に異常を生じる病気です。 現在、成人の失明原因の第1位であり、特に気をつけなければなりません。他にも合併症(網膜剥離、白内障、緑内障、外眼筋麻痺など)を引き起こす可能性が高く、糖尿病をお持ちの方は眼科定期受診が必須です。当院では最新医療機器である3D OCTを用いてきめ細かい経過観察が可能です。

詳しくはこちら

ドライアイ

ドライアイドライアイは、涙液の減少あるいは質的な変化により眼の表面に障害を生じる疾患です。涙が足りないと眼は乾いて傷つきやすい状態となり、重症になると眼の表面に無数の傷がついている場合もあります。本邦での患者数は約800万人といわれ、眼が疲れやすい、あるいは何となく眼に不快感がある、という方は一度眼科専門医の診察をお勧めいたします。当院ではTSASを用いて涙液層の乱れを画像診断することができます。

詳しくはこちら

斜視・弱視

斜視・弱視斜視には、目が寄っている内斜視・外側に外れる外斜視・上下にずれている上下斜視があります。小児の斜視では立体視(遠近感)の発達が妨げられたり、弱視になったりすることがあります。弱視とは、眼鏡・コンタクトレンズ装用に関わらず、視力が充分に出ない状態をいいます。原因としては様々なものがありますが、訓練により改善することができます。当院では国家資格を持った専門の視能訓練士2名により、視力向上のための弱視訓練、立体視獲得のための斜視訓練を行っております。

詳しくはこちら

その他の疾患についてはこちらへ

このページの先頭へ

  • 診療予約はこちら
dd
〒373-0032
群馬県太田市新野町1256-1
交通アクセス
電話番号