手術について

白内障手術

※刺激の強い映像を含みますので、ご自身の意思でご覧になるか決めてください。 白内障は目の中の水晶体が濁ってくる病気です。カメラに例えるとレンズの部分が濁ってくるので、かすんで見えたり、まぶしく見えたり、視力自体が低下してきたりします。点眼などでは回復しないため、手術によって濁ったレンズを新しいものに交換することが必要となります。

  手術が困難であった時代は見えなくなってから手術という考えでしたが、手術材料や機材が発達した今日では早期治療が一般的になってきました。

 昨今テレビなどの影響で「白内障手術は簡単だ」「誰がやっても同じだ」と思われている方もいらっしゃると思いますが、手術である以上はどの医師が執刀しても結果が同じであるはずがありません。一生使うご自分の大切な「目」ですから、信頼のおける熟練した術者にお願いしたいと思うのは当然のことです。

当院での白内障手術の特徴

特徴1
清潔

記憶に新しいニュースで銀座のレーシック専門眼科で患者様が集団感染を起こしたものがありました。器具などを消毒せずに使用していた言語道断の事件ですが、当院では特に清潔に気をつけ、可能な限りの滅菌消毒体制をとっています。

    ・目や医師の手の消毒:イゾジンとオゾン水のW消毒
  • ・手術室:空港などの公共施設にも採用されているオゾンガス消毒とヘパフィルター
  • ・手術器具の滅菌:高圧蒸気滅菌・ホルマリンガス滅菌
  • ・使い捨て材料:症例ごとにディスポーザブルパックを使用しています

特徴2
安全・安心

安全・安心当院では安全に手術を受けていただくために、患者様の名前や左右の確認をダブルチェックするようスタッフに徹底しています。またアロマの香る手術専用待合室でゆったりした気分でお待ちいただき、安心して手術に臨めるような工夫を施しています。

  • ・小切開手術:超音波を用いた切開幅2.8mmの手術で感染の危険が少なく安全です
  • ・眼内レンズ:予めレンズが専用インジェクターに装填されているため清潔・安全です
  • ・術後フォロー:帰宅後や休日の緊急連絡は、医師が携帯電話で応対するため安心です

特徴3
痛みがなく短い手術時間

術者である当院副院長は大学病院や総合病院など20施設以上でこれまで1万2000件以上の経験があり、難治症例も数多く執刀してきました。通常の症例であれば短時間で終了し、全く出血いたしませんので安心して手術を受けていただけます。

痛みがなく短い手術時間

  • ・点眼麻酔のみ:目の周りに注射などは用いず、痛みはほとんど感じません
  • ・内服薬中断は必要なし:出血しないため、ワーファリン・バイアスピリンなどの出血が止まりにくくなる薬剤も中断する必要がありません

このページの先頭へ

dd
〒373-0032
群馬県太田市新野町1256-1
交通アクセス
電話番号